IPアドレスをDHCPで自動取得しているのに何故か競合!? 簡単解決方法!

スポンサーリンク
PC

IPアドレスを自動取得にしているのに、何故か「IPアドレスが競合している」とメッセージが出ることがあります。自動取得しているのに何故か? それには原因があります。
今後、この問題を改善したい場合は、全てのデバイスなどのIPアドレスを完全固定にしてしまうのが一番いいと思います。
しかし、すべて管理するのは手間なので嫌という方のために、簡単な回避方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

IPアドレスの競合(重複)とは

同じIPアドレスが、2つの機器に同時に割り振られている状態を言います。
本来、IPアドレスは1つの機器に対して1つのIPアドレスしか使用できません。
同じIPアドレスを共用できないので、エラーとなりネットワークに接続することができません。

IPアドレスを自動取得しているのに何故起こるのか

原因は、主に2つ考えられます。

  • PCのスリープ状態からの復帰
  • 一部を固定IPアドレスにしている場合

PCのスリープ状態からの復帰が原因

スリープ状態からの復帰時に発生する場合があります。
PCのスリープは、シャットダウンと異なり作業中のPC情報をそのままに電源をオフにした状態です。
しかし、これが原因になることがあります。
なぜ、これが原因になるかというと、スリープになったPCの内部では、自動取得したIPアドレスもそのまま維持されます。
これに対して、ルーター側では、PCがネットワーク接続を停止していることから、PCに設定されていたIPアドレスは未使用と判断するため、他の機器に再度同じIPアドレスを割り振ってしまうことがあります。
その後、スリープからPCが復帰すると、他の機器とIPアドレスが競合してしまうという状況になることがあるわけです。

一部を固定IPアドレスで設定している場合

NASやプリンターなどは、固定IPで運用することが多いと思います。
すると、固定しているIPアドレスに、競合するIPアドレスを振ってしまうことがあります。

その場合、手動で固定するIPアドレスについては、DHCP側の設定で割り当て範囲から除外する必要があります。ルーターなどの設定を変更するか、いっそのこと全部を固定にして管理するのもありかと思います。

IPアドレスが競合した場合の解決方法

以下の方法で競合を解消することができますので試してください。

機器を再起動する

 再起動によってIPアドレスを再取得する方法です。ただし、再取得で問題なければいいですが、再度問題が発生する可能性もあります。
 また、再起動となるとそれなりの時間を要しますので、あまりいい方法ではありません。

コマンドでIPアドレスを再取得する

この方法であれば再起動する必要がないので、お手軽にできるのでおすすめです。

「ファイル名を指定して実行する」を起動

Windows + Rを同時に押して、「ファイル名を指定して実行」を起動する。

コマンドプロンプトを起動する
「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが表示されたら、名前欄に「cmd」と入力して「OK」と押して下さい。

「ipconfig /release」と入力しENTERを押す

 このコマンドで、IPアドレスを開放して、IPアドレスが割り当てられていない状態になります。

「ipconfig /renew」と入力してENTERを押す

 このコマンドで新しいIPアドレスを再取得します。

今後一切、この問題から解放されたい!という人はこれ!

 上記までの解消方法は、その場しのぎみたいな感じなので、今後も競合する可能性がなくなったわけではありません。そのため、完全にエラーを解消したいのであれば、全ての機器のIPアドレスを固定にすることをおすすめします。
 固定の方法は、以前に記事にしていますので、参考にして下さい。

Windows10のIPアドレスの確認と固定する方法を簡単解説!
Windows10のIPアドレスの確認方法と、IPアドレスを固定する方法を説明していきます。 IPアドレスの確認方法 コマンドプロンプトを使用して確認していきましょう! コマンドプロンプトを起動するには、スタートボタンを右クリック...

IPアドレスをDHCPで自動取得しているのに何故か競合!? 簡単解決方法!のまとめ

以上のとおり、色々なことが原因でIPアドレスが競合(重複)してしまうことがあります。
今回ご紹介した方法は、一時的に回避する方法で、完全に回避したいならIPアドレスを固定するのが一番だと思います。一度設定してしまえば、同じエラーは避けられるのでおすすめです。

コメント