Gmailのアーカイブとは? 使い方や活用方法は?

スポンサーリンク

スマホで、「Gmail」を使用してメールを見ている時に、メールをうっかりスワイプして消えてしまった経験ありませんか?しかも、「メールをアーカイブしました」というメッセージが出て、「ん?」意味不明・・・。
そこで、「アーカイブってそもそも何?」「どういう使い方をすればいいの?」などの参考になればと思いご説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

アーカイブとは?

「アーカイブ」の意味は、「保管所」「保存記録」という意味があります。

Gmailでは、受信したメールは受信トレイに保管されていきます。
必要ないメールは削除していけばいいのですが、中にはとりあえず保存しておきたいメールがあります。 それを、一時的にアーカイブという形で保存することができる機能が「アーカイブ」です。
あくまで保存しているので、削除はされていないので安心して下さい。
受信トレイで見えなくなるので、削除されたのかとびっくりしてしまいますよね。

Gmailでメールをアーカイブする方法

Gmailのメールをアーカイブするには、目的のメールを指で左右どちらかにスワイプする(横に移動させる)だけで行えます。

操作中に誤ってアーカイブしてしまった場合には、、画面下に表示される「メールをアーカイブしました」の右横にある「元に戻す」をタップすれば、すぐ元に戻すことができます。

アーカイブしたメールを確認する方法

アーカイブしたメールは、受信トレイから消えて見ることができなくなりますが、ちょっとした操作で確認することができます。

左上のメニューから「すべてのメール」を開きます。

受信トレイにあるメールやアーカイブしていないメールなど、すべてのメールが表示されるので、ここから見つけてください。
アーカイブしたメールのみの表示はできません。

アーカイブしたメールを元に戻す方法

アーカイブしたメールを受信トレイに戻したい時は、メール一覧から該当するメールにチェックして、右上の「…」ボタンをタップし、「受信トレイに移動」を選べば元に戻すことができます。

該当するメールを開いた状態でも同じ操作が可能です。

メールが消えてる! こんな時はアーカイブを確認

「削除した覚えがないのに、メールが見当たらない」というときは、まず、うっかりスワイプしてアーカイブしてしまっている可能性があるので、そんな時は「すべてのメール」からアーカイブを確認してみてください。
多分、Gmailあるあるだと思います!

アーカイブの活用法

受信トレイに溜まっていくメールですが、出来るだけいらないメールは削除する。
一時的に保存しておきたいメールは、アーカイブにしておく。
とても重要で、ある程度の期間保存しておきたいメールは、保存用のフォルダを別途作成することをお勧めします。
アーカイブは、あまりやりすぎると、後で見つけるのが大変になるので、ほんの数日保管するくらいの感覚がよいと思います。そうしないと、受信トレイではなく、アーカイブの方に移しているだけで、整理できていない状態と一緒ということになってしまいます。

Gmailのアーカイブとは? 使い方や活用方法は?のまとめ

初めは何か分からない「アーカイブ」ですが、なかなか便利な機能ではないでしょうか。
ぜひ、ご活用下さい。

コメント