[Windows10] Crucial(クルーシャル)のSSDでクローンを作成する方法!

スポンサーリンク

これまで、無料でクローンが作成出来るソフトがあったんですが、バージョンが新しくなったら使用できなくなってしまいました。
そこで、クローンを無料で作成できるソフトを探したんですが、サードパーティー製のソフトはありませんでしたが、SSDなどの製造メーカーによっては無料ソフトを提供していました。
今回は、Crucial(クルーシャル)が提供しているソフトを使用してクローン化を行ってみたいと思います!

スポンサーリンク

2.5インチSSDからHDDへのクローン化

今回は、2.5インチ SSDからHDDへのクローン化をしていきたいと思います。
通常は、HDDからSSDへのクローン化のために使用することが多いと思います。
今回は、違った使用法になりますが、作業的には同じ手順で作成は出来ますので、SSDへのクローン化の参考にして下さい。

以下は、外付けで行う場合に便利アイテムなので、外付けでクローンを行いたい方は、以下のようなデバイスを使用することをおすすめします。

内臓HDD・SSD・光学ドライブを外付けできる変換ケーブル(サンワサプライ USB-CVIDE3)
HDDからSSDへの換装時のクローン作成のために、こちらの製品を購入しました。 なぜ、この製品かというと、クローン作成だけならこの製品でなくてもよかったんですが、今後、クローン作成だけではなく、映画などを観るために内臓型ブルーレイドライブ...

ソフトのダウンロードはこちら

WD用はWDのサイトでダウンロードできます。
結構、ダウンロードに時間がかかりますので、余裕をもってダウンロードすることをおすすめします。
ソフトの容量も結構あるので、空き容量に注意しましょう!

Acronis True Image for Crucial

その他のメーカーは以下を参考にダウンロードして下さい。

[Windows10] SSD/M.2 SSD 無料でクローンを作成できるアプリ紹介!
少し前までは、無料でクローンが作成出来るソフトがあったんですが、最近は有料のソフトが増えてしまい、無料で使用できるソフトがなくなってしまいました。 そこで、色々と探してみましたが、SSDのメーカーなどがクローンを作成できるソフトを配布して...

新しいSSD等はディスクの管理で操作が必要

新しいSSD等は、Windowsで認識できるように操作が必要なので、下記を参考に操作して下さい。

[Windows10] Windowsで新しいSSD・HDDを認識させる方法!
SSDやHDDを接続したけど、WindowsでSSDやHDDが認識していない・・・。 こういう場合は、どうしたらよいのでしょう? 簡単です! ディスク管理から認識させればいいだけです。 その方法をご紹介していきたいと思います。 SS...

「Acronis True Image for Crucial」のインストール

「SanDisk」「Western Digital」「Crucial」では、同メーカーの「Acronis True Image」を使用していますが、製品チェックの関係から、それぞれの公式サイトからダウンロードをして下さい。

なお、他社製品のSSDのOSクローンは出来ませんので注意して下さい。

ダウンロードファイルを解凍

まずは、ダウンロードしたインストールファイルが入っている「ZIP」を解凍します。
解凍するとその中に、イントール用のファイルが格納されているので、ダブルクリックして起動します。

インストールする

「Acronis True Image for Western Digital」 のインストールウィンドウが表示されるので、「インストール」ボタンをクリックして、インストールを開始します。

インストール中

使用許諾契約への同意

イントールが終了してアプリを起動すると、「使用許諾契約」の画面が表示されるので、同意する場合は、同意にチェックを入れて「OK」をクリックして下さい。

SSD・HDDのクローン化手順

手順自体は簡単で、表示される手順に従っていくと簡単にクローンを作成することができます。
ソースとターゲットは間違えないように注意しましょう!

アプリを起動

ディスクのクローン作成設定

右のメニューから「ツール」を選択し、「ディスクのクローン作成」をクリックして下さい。

自動(推奨)を選択

ここからクローン作成モードに入ります。
特にこだわり等なければ、自動(推奨)を選択し、「次へ」をクリックして下さい。

ソースディスクを選択

まずは、「ソースディスク」を選択します。
メーカー名や容量で判断して選択して下さい。コピー元になりますので、間違えないようにしましょう!

ターゲットディスクを選択

この画面が表示するまでに、少し時間がかかります。
続いて、「ターゲットディスク」を選択します。これがコピー先になるので、新しく交換するディスクを選択しましょう。ここを間違えると、大事なデータが入ったディスクだとデータが消えてしまいますので、慎重に選択して下さい。

削除する

ノートで使用していた時のデータが残っていたので、下記のようなメッセージが出ましたが、新しいSSDなどであればこのメッセージは出ません。

最終確認

ソースディスクと「ターゲットディスク」に間違いないか、最終確認をしっかりしましょう!

クローン作成開始

以下のとおり進行状況を確認できます。
今回は、HDDへのクローン化だったので、3時間ほどかかりましたが、SSDならもっと早くクローン化できると思います。

クローン完了!

以下の画面が出てクローン完了です!

[Windows10] Crucial(クルーシャル)のSSDでクローン作成する方法!のまとめ

簡単にクローンが作成できるので、HDDを使っている人はSSDへの交換をおすすめします!
Windowsの起動は、確実にかなり速くなりますよ!

コメント