SDカードリーダーの選び方とおすすめ

スポンサーリンク

SDカードリーダーを買おうと色々見ていると、種類がいっぱいあってかなり迷いました。
本当に色々なメーカーから様々な製品が出ているので比較するだけで大変です。
今回は、購入の際の注意点を整理しつつ、おすすめのカードリーダーをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

SDカードリーダを選ぶ時のポイント

コネクタ形状を確認

SDカードリーダーのコネクタ形状には、「USB」と「Lightning」があります。また、製品は少ないですが「Wi-Fi」接続が可能な製品もあります。

汎用性で選ぶなら「USB」

「USB」は、もうみなさんご存じだとは思いますが、パソコンや家電などでも一般的に使用されている規格で、形状には「USB」(TypeA)「USB-C」「MicroUSB」などあり、「USB 2.0」「USB 3.0」などで転送速度が異なります。
USBは、iPhone以外にもAndroidやPCなどでも使用できるので、汎用性は抜群です。
iPhoneで使用することを考えると、「Lightning」用のアダプタもセットで用意しないといけないのが難点です。

iPhoneなどAppleデバイスで使用するなら「Lightning」

「Lightning」は、iPhoneなどのApple製品で使用される専用の接続規格です。
専用のコネクタなので、他のデバイスで使用できないという大きなデメリットがあります。

iPhone用は、別記事でまとめていますので、そちらをご覧下さい。

 

ケーブルなしでスッキリ「ワイヤレス」

Wifiによりワイヤレス接続するタイプのSDカードリーダーです。
「ワイヤレス」はiPhoneやiPadだけでなく、Androidスマホやパソコンなど、異なるデバイスで使用できるので使い勝手がいいです。コネクタの形状を気にする必要もありませんし、ケーブルが必要ないのでスッキリ接続できていいと思います。
ただし、Wi-Fi接続できる製品は少なく、高価なのがデメリットとしてあります。

対応メディア

カードリーダーには、SDカードだけでなく、メモリースティックやコンパクトフラッシュなど複数のメディアに対応した製品も結構あります。あまり使用しないメディアも含まれているので、実際色々なメディアを利用している方は、このような製品を選ぶのがいいでしょう。
ただし、スマホやカメラなどで撮影した写真や動画のデータをパソコンに取り込みたい場合は、SDカード、microSDに対応したカードリーダーで十分ではないでしょうか。この2種に対応したカードリーダーを選んでおけば、SDカードの流用が簡単でいいと思います。

SDカードの記憶容量

SDカードの容量は、規格によって異なっています。
規格には、SDカード、SDHCカード、SDXCカードが主な3種類になります。
容量は以下のとおりです。

規格容量
SDSC 2GB
SDHC2GB~32GB
SDXC32GB~2TB
SDUC2TB~128TB

転送速度

iPhoneで撮影する写真や動画を直接SDカードなどに書き込む場合には、転送速度が重要になってきます。
直接書き込むことを想定している方は、以下を参考にスピードクラスを選択して下さい。

以外と知らないSDカードの正しい選び方
スマホやタブレットなど様々なデバイスでSDカードは使用されています。 ただ、以外にSDカードについて知らないなと思うことがあります。 実はカメラの連写性能などを左右する「書込み速度」、動画撮影に重要となる「スピードクラス」など適切なスペ...

パソコンなどへのバックアップ

バックアップとしてカードリーダーを使用する場合には、読み込みと書き込み速度でSDカードへの書き込みとパソコンへの取り込みの速度が変わります。
パソコンへのバックアップを考えている方は、スピードクラスより読み書き速度をチェックしましょう。

UHS-I、IIとは

UHS-IとIIでは、IIの方が高速なので、出来ればIIを選びましょう。
動画の転送となるとデータサイズが大きいので、出来るだけ転送時間を短縮するためにもUHS-IIを選択することをおすすめします。
ただ、I対応より値段が高めになるので、時間よりお金という方はIでも十分ではないでしょうか。
UHSについては、以下をご覧下さい。

以外と知らないSDカードの正しい選び方
スマホやタブレットなど様々なデバイスでSDカードは使用されています。 ただ、以外にSDカードについて知らないなと思うことがあります。 実はカメラの連写性能などを左右する「書込み速度」、動画撮影に重要となる「スピードクラス」など適切なスペ...
USB3.0で決まり!

パソコンへのデータ転送でもう一つ注目したいのが、USB3.0です。
USB2.0は値段が安いのが大きなメリットですが、転送速度が遅いので「USB3.0」をおすすめします。
理由は言わずともですが、転送速度が2.0の約10倍ということです。
ノートパソコンでもUSB3.0はほぼ搭載されるようになったので、あえて2.0を選ぶ必要はないように思います。

USB3.0の記載に変更があり、製品によっては表示が違う場合があるので注意しましょう。
詳しくは、こちらをご覧下さい。

[2020年版] USB 3.2、最新規格「USB4」の登場で、USB3.0、3.1はどうなる!? 
最近、USB 3.2対応の製品が少しずつ登場してきました。新規格が登場して、PC周辺が進化していくことは大歓迎ですが、それで規格が分かりづらくなっていくというのが、あらゆる分野で起こる現象です。 既に、USB 3.0や3.1などの記載が分...

その他特徴で選ぶ

接続端子の形状が複数あったり、ケーブルを収納できたり、製品によっては、モバイルバッテリーとしても使える製品などもあるので、色々とチェックしてみると便利なSDカードリーダーが存在しています。

 

おすすめのSDカードリーダー

iPhoneやiPadで使えるSDカードリーダー [ Lightning ]

アップル(Apple) Lightning SDカードカメラリーダー (MJYT2AM/A)
サンワサプライ(SANWA SUPPLY) Lightning SDカードリーダー ADR-IPLSDW
エレコム カードリーダー
Rocketek 超小型マイクロSDカードリーダー

汎用性で選ぶならUSB端子のSDカードリーダー

マルチカードリーダー 

Kingston マルチ カードリーダー USB 3.0

Wi-Fi接続でケーブルレス

ラブパワー(RAVPower) Wi-Fi SDカードリーダー FileHub RP-WD009
エレコム(ELECOM) Wi-Fi SDカードリーダー MR-WI04WH
アイ・オー・データ(I-O DATA) Wi-Fi SDカードリーダー WFS-SR03
ソニー(SONY) Wi-Fi ポータブルワイヤレスサーバー WG-C20
パナソニック(Panasonic) Wi-Fi SDカードリーダーライター BN-SDWBP3

様々なデバイス対応カードリーダー

Anker SDカードリーダー 7in1
AKINK SDカードリーダー 4in1
STRENTER USB-C 6in1 SDカードリーダー

コメント