最新機種 iPhone12 Proと3年前のXperiaと比較! 以外な結果!

スポンサーリンク
iPhone

iPhone12 Proのレビューです。
Proが発売して結構経つので、開封はサクッといきたいと思います。
と言っても、Apple Storeで購入した際、通信確認のため開封済みなので、通常の開封レビューというよりは、これまで使っていたAndroid端末との比較をメインに行っていきたいと思います。

スポンサーリンク

比較する旧端末(SONY Xperia XZ premium)の紹介

今回、iPhone12 Proを購入するまで使っていた機種は、SONYのXperia XZ premiumというAndroid端末です。
2017年の夏モデルで登場し、かれこれ3年が経過しました。
当時は、ハイエンドモデルとして最新機種だったので、本機を購入した記憶があります。
この端末は、4K動画(30fps)や4Kの写真が撮れ、4K画質で映画などが観られるということで購入しました。
4K対応が売りだったんですが、今では、4Kは当たり前になってきたので微妙になりましたね。
4Kで写真が撮れる機種なので、3年経過した本機とiPhoneを比較していきたいと思います。
3年でどこまで進化しているのでしょうか。

ちなみに、2017年という年は、iPhoneで言うと「iPhone X」「iPhone8」が発売された年ですね。
今スペックを再確認してみると、iPhoneも4K対応していて、動画は60fps対応だったり、Xだと、5.8インチの有機EL全面ディスプレイが採用されるなど、スペック的にiPhoneの方が上?と思いました。

Xperia(エクスペリア) XZ Premium ドコモ SO-04J | 仕様 | Xperia(エクスペリア)公式サイト
Xperia(エクスペリア) XZ Premium ドコモ SO-04Jの仕様を紹介。

外観の確認

それでは、まず、iPhone12 Proの外観などを簡単に見ていきたいと思います。

外箱

外箱は、かなり高級感ある箱です。


少しくらいの重みでは、つぶれることがないような頑丈な箱です。
開けるとこんな感じで本体が入っています。


Apple Storeで購入したので、一度開けています。初めて開けた時には、画面に白い紙が貼ってありました。
自分で開けたい人は、SIMフリー版を宅配してもらうといいと思います。
私の場合、今回、キャリア版として購入しているので、通信確認をする必要があったみたいです。

ちなみにですが、ドコモ版の場合、SIM解除の条件に合致していれば、その場でSIM解除の申し込みが出来てSIMロックが解除できました。

付属品など

まずは、付属品から確認していきます。
今回から充電器とイヤフォンが同封しなくなったので、Type-C to Lightningのケーブル1本が入っているだけです。
ライトニング・・・これがどうしても納得いかないですね。
今回、iPhoneに変更しようと思っていたので、Type-Cを期待してたんですけど変更がなく、ケーブルを新調することになってしまいました。
Androidの場合、Type Cが当たり前ですし、色々なデバイスもType Cが当たり前になった今、ライトニングか~という感じです。iPhoneユーザーの方たちも、ここは変わって欲しかった点でしょうね。とても残念です。

付属品は、以下のとおりです。

・ケーブル 1本(Type-C to Lightning)
・SIMピン 1本
・リンゴシール 1枚

本体

続いて、本体を見ていきましょう。
今回、本体デザインがiPhone5の角ばったデザインに戻り、いかにもiPhoneという印象です。
本体裏は、マットな仕上げが高級感あっていいですね。

そして、裏とは違い側面は、光沢ある鏡面仕上げで、これもまたいいです。


ただ、光沢があると気になるのが、やはり指紋です。
鏡面仕上げだとどうしても指紋がすごい目立ちますし、ちょっと気になるレベルだと思います。
また、側面の光沢ある部分は、かなり傷つきやすいので、扱いに注意しないと傷だらけになってしまいます。
多くの人は、ケースを仕様すると思うので問題ないでしょう。
ケースを使用しない人は、ちょっと考えた方がいいかもしれないですね。この部分だけで、他のモデルに変更することはないと思いますけど、気になる人はかなり気になるレベルかもしれないです。
個人的には、全部マットよりはメリハリあって好きなデザインです。
iPhoneは、やっぱり高級感ありますね。
iPhoneをずっと使いたかったので、念願叶いました。

注意点

lightning端子付近は、充電時にケーブルの素材で傷が付くことがあります。傷をつけないためにも、プラスチックや本体に接触しない形状になっているケーブルを使用することをおすすめします。
私の場合、アダプタを購入して充電を行ったんですが、一度の充電で見事に擦り傷が出来てしまいました。
本体側面の加工は、すぐに擦り傷が付いてしまうと思うので、みなさんも注意して下さい。

ボタンの確認

次に、ボタン類を確認していきます。
Androidの場合は、音量ボタン(上)・電源ボタン(下)は右にあります。
Xperiaは、電源ボタンが指紋認証になっていて、なかなか反応が良かったので、かなり使い勝手が良かったです。
そして、本体左側にSIMスロットが配置されています。


iPhone は、右に電源は一緒で、音量が左にあります。
もう一つのボタンがミュートのスイッチです。


iPhoneを使用したことがないので、ミュートスイッチの必要性がいまいち分からないです。
Androidの場合は、ボタン自体がないため画面でマナーモードなどに変更する方法だと思いますね。

サイズを比較

本体サイズの比較

新機種の「iPhone12 Pro」は、Xperiaに比べて若干小さいですね。

画面サイズの比較

画面サイズは、5.7インチと6.1インチなので、結構大きくなりました。
横幅は変わらないと思いますが、上下の黒い部分が画面になったという変化です。
本体的には小さくなって、画面サイズが大きくなって見やすくなりました。

全体的な印象としては、画面が縦に長くなった感覚だけなので、持った感じはあまり大きくなったという感じがしないです。どちらかというと、物足りなさを感じてしまう面があります。
今回、新機種にして良かったのは、縦に画面が長くなることで、表示範囲が広くなったので記事等はかなり見やすくなりました。
外観的にはかなり満足です。IOSの使用感などは、また別途記事にしていきたいと思います。

スペック比較

基本的なスペックを、旧端末と比較していきます。
こうして比較してみると、意外とXperiaはスペック高いなと感心してしまいました。
まだまだ、活躍できそうなスペックだと思います。

基本スペック

 Xperia XZ PremiumiPhone12 Pro
サイズ高さ約 156mm

146.7 mm

約 77mm

71.5 mm

厚さ約 7.9mm

7.4 mm

質量約 191g

187 g

電池持ち時間約 105時間 
バッテリー容量3230mAh

画面

種類TFT液晶
X-Reality for mobile
有機EL
Super Retina XDR
ディスプレイ
サイズ約 5.5インチ6.1
解像度4K(2160×3840)
807ppi
2,532 x 1,170
460ppi
CPUQualcomm Snapdragon 835
(8コア)
A14 Bionicチップ
(6コア)
OSAndroid 9IOS14.2
内蔵メモリROM64GB128~512GB
RAM4GB6GB
外部メモリ最大対応容量256GB

カメラスペック

カメラアウトカメラ1920万画素1,200万画素
インカメラ約1320万画素1,200万画素
F値2.0
  • 超広角:ƒ/2.4
  • 広角:ƒ/1.6
  • 望遠:ƒ/2.0
手ブレ補正動画手ブレ補正(電子式)ビデオ手ぶれ補正(
静止画デュアル光学式手ぶれ補正
(広角)
動画撮影記録サイズ
(アウト)
4K(3840×2160) 30fps4K 60fps
記録サイズ
(イン)
Full HD(1920×1080)4K 60fps
ズームデジタル最大約 8.0倍最大6倍
光学4倍
静止画撮影記録サイズ
(アウト)
19M(5056×3792)
17M(5504×3096)
12M(4000×3000)
12M(4608×2592)
12M(4032 x 2268)
記録サイズ
(イン)
13M(4160×3120)
10MP(4192×2358)
 
ズームデジタル最大約 8.0倍最大約 10.0倍
光学4倍

カメラ性能の比較

ちょっと話しの方向が違いますが、スペックを確認して分かったのは、意外と「Xperia」が現役として使えるスペックというのが分かりました。
そうは言っても、iPhone12 Proは、カメラ性能の向上が注目すべき点ですから、新端末の性能を見てみましょう。

カメラ3眼の使い勝手

まず、カメラの数ですが、Proシリーズは3眼です。ちなみに、iPhone12は2眼です。
3眼の構成は、広角・超広角・望遠という構成に対し、Xperiaは1眼だったので、かなりの進化です。


超広角だけでもびっくりですが、望遠まで装備されているのでその差は明らかですね。
画面で簡単にカメラを変更出来るので、かなりこれは便利です。

注目点の比較

それでは、旧端末と写真の比較をしてきたいと思います。

広角・超広角との画角の違い

望遠性能(光学とデジタルズームとの違い)

比べるまでもないんですが、後ろの木の葉っぱを比較すると一目瞭然ですね。
Xperiaは、葉っぱが一枚一枚表現できていません。
デジタルと光学ズームの違いと言うだけの結果です。ただ、明らかにiPhoneの方が綺麗です。

Xperia(デジタルズーム 2倍)

iphone12 Pro(望遠光学2倍)

色味(画像サイズが大きいので注意して下さい)

色味は、iPhone12 Proの写真を見てみると、左右の暗い部分も鮮やかな色が出ていますし、何といっても明るいです。
レンズ(f1.6:f2.0)の差だけではないように思いますが、レンズ差は大きいように思います。

Xperia(広角 f2.0)

iPhone12 Pro(広角 f1.6)

手振れ補正の比較

後日検証してきます。

暗所性能 (暗所でのAFの違い)

画像を準備中です。

最新機種 iPhone12 Proと3年前のハイエンドと比較! そろそろ買い替え?のまとめ

iPhone12すごいという率直な感想です。3年も経過するとカメラ性能もかなり進化するので、カメラ性能を重視する方は、買い替えを検討してもいいかもしれません。
ちょっと、本体の繊細さ(傷が付きやすい)が気になりますが、ケースなどを使用すれば回避できるので問題ないと思います。
カメラ性能は、やはりすごいと思いました。ただ、広角での比較はそれほど差がなく、Xperiaもまだ使えるなと思いました。まだ、使い始めたばかりなので、少しずつ使用感などまとめていきたいと思います。

コメント