Sony「α7 IV 」と「α7 III」を比較!

スポンサーリンク
カメラ

待ちに待った、SONY 「α7 IV」が2021/12/17に発売されます!
そこで、今回は、SONY 「α7III」と比較していきたいと思います。

スポンサーリンク

一番気になる価格から!

スペックを確認する前に、一番気になるのは、価格ですね。(2021/12/13現在)
価格に見合った機能が装備されているかは最後に評価してみて下さい。

α7IIIα7 IVα7S III
225,210円(税込)296,010円(税込)404,910円(税込)
SONY「α7 IV 」と「α7S III」を比較!
待ちに待った、SONY 「α7 IV」が2021/12/17に発売されます! そこで、今回は、動画機であるSONY 「α7S III」と比較していきたいと思います。 一番気になる価格から! スペックを確認する前に、一番気になるのは、価...
スポンサーリンク

基本的なスペック比較

ここでは、主なスペックについて確認していきたいと思います。
その他の詳細は、公式HPで確認して下さい。

商品名α7 IV (ILCE-7M4)α7III(ILCE-7M3)
発売日2021年12月17日発売予定2018年 3月23日 発売
価格296,010円(税込み)225,210円(税込)
外寸(ボディサイズ)約131.3 x 96.4 x 79.8 mm約126.9 x 95.6 x 73.7 mm
質量
(バッテリーとメモリカードを含む)
約658 g約650g
カメラ有効画素数約3300万画素約2420万画素
画像処理エンジンBIONZ XRBIONZ X
ISO感度(推奨露光指数)静止画撮影時: ISO80-102400 (拡張: 下限ISO40、上限ISO409600)、AUTO (ISO80-12800、上限/下限設定可能)、
動画撮影時: ISO80-102400相当(拡張:上限ISO409600相当)、AUTO (ISO80-12800相当、上限/下限設定可能)
静止画撮影時: ISO100-51200(拡張: 下限ISO50、上限ISO204800)、AUTO (ISO100-12800、上限/下限設定可能)、動画撮影時: ISO100-51200相当(拡張: 上限ISO102400)、AUTO(ISO100-12800相当、上限/下限設定可能)
フォーカス
測距点数35 mmフルサイズ時: 759点
(APS-C読み出し時)
フルサイズレンズ装着: 713点
APS-Cレンズ装着: 575点
35mmフルサイズ時:693点
(APS-C読み出し時)
フルサイズレンズ装着:299点
APS-Cレンズ装着時:221点
手ブレ補正機能
方式イメージセンサーシフト方式5軸補正 (補正方式はレンズ仕様による)イメージセンサーシフト方式5軸補正(補正方式はレンズ仕様による)
補正効果5.5段5.0段
瞳AF[静止画] 人物 / 動物 /
[動  画] 人物 / 動物 / 鳥
[静止画] 人物 / 動物(一部)
[動  画] 非対応
液晶モニター
形式7.5 cm (3.0型) TFT駆動7.5cm (3.0型) TFT駆動
ドット数約103万ドット約92万ドット
タッチパネル
機構バリアングル液晶モニターチルト液晶モニター
ファインダー
ファインダー約368万ドット
0.5型電子式ビューファインダー
(Quad-VGA OLED)
約236万ドット
0.5型電子式ビューファインダー
(XGA OLED)
視野率/倍率100%/約0.78倍100%/約0.78倍
記録媒体
記録媒体SDカード (UHS-I/II対応)
CFexpress Type Aカード
メモリースティック
SDカード(UHS-I /II対応)
microSDカード
スロット

【SLOT1】
SD カード、CFexpress 用
マルチスロット
【SLOT2】
SDカード用スロット

【SLOT1】
SDカード(UHS-II対応)
【SLOT2】
SDカード(UHS-I対応)
2メモリーカード間記録モード同時記録、振り分け記録、記録メディア自動切替、コピー
インターフェース
USB Type-C®端子● (SuperSpeed USB 10 Gbps USB 3.2 Gen2
ワイヤレスLAN対応(内蔵)● (Wi-Fiに準拠、IEEE 802.11a/b/g/n/ac (2.4 GHz/5 GHz帯)●(Wi-Fiに準拠,IEEE 802.11b/g/n(2.4GHz帯) ) 
Bluetooth● (Bluetooth 標準規格Ver. 4.1 (2.4 GHz帯))
HD出力HDMI端子(タイプA)HDMIマイクロ端子(タイプD)
LAN×
USB-Ether有線LANアダプタケーブル
×
スポンサーリンク

フレームレートは「60fps」

「α7 III」は「4K 30p 4:2:0 8bit」でしたが、 「4k 60p 4:2:2 10bit」サンプリングでの4K記録が可能です。
最大フレームレートは60pと抑えられていますが、1時間を超える録画が可能になりました。
注意が必要なのは、Super 35mm(APS-Cサイズ)での4K/60p動画記録に対応ということで、クロップされることになります。ここは少し残念な部分ではありますが、ここはSIIIとの関係で仕方ないところかもしれませんね。

リアルタイム瞳AFなどが進化!

動画撮影時の瞳AFが進化!

「α7 III」の場合、静止画撮影では人と動物に対応していますが、動画では非対応です。
これに対して、「α7 IV」では、静止画だけではなく動画撮影時でも動物や鳥への「リアルタイム瞳AF」をサポートしている点はとても魅力的ですね。動物を主に動画撮影する人は、特にメリットとなりますね。

新機能「フォーカスマップ」が登場!

AF補助機能として「フォーカスマップ」という新機能が搭載されました。ピント位置を色により可視化する機能です。ピント奥は青、手前はオレンジで表示され、前ボケ後ボケや被写界深度の把握などにも使えそうですね。

モードダイヤル周りが便利に

モードダイヤル周りも変更がありました。S IIIでは、モードダイヤルの一部に動画とS&Q(スロー&クイック)モードがありましたが、「α7 IV」では、モードダイヤルの下に、静止画・動画・S&Q切り替えスイッチが付き、静止画と動画の切り替えが楽になりました。

電源OFF時にセンサーシャッターで保護

電源OFF時にシャッターを閉じてセンサーを保護する機能が搭載されました。これで、レンズ交換時のホコリの付着などを軽減する効果があります。

気になる点

今のところなし。

付属品

バッテリーチャージャーは付属していませんので、必要な方は別途購入しましょう!

  • リチャージャブルバッテリーパック NP-FZ100
  • 電源アダプタ(USB)
  • USB-A – USB-Cケーブル (USB 3.2)
  • ショルダーストラップ

SONY 「α7 IV 」と「α7 III」を比較!のまとめ

3年前の機種と比較だと「α7 IV 」の選択になる人が多いのではないでしょうか。
ただし、様々機能など進化していますが、これら機能を、7万円程度の価格差を埋める要素になるかは評価する人によって異なるでしょう。
個人的には、古い機種を使用するよりも、最新機種を選択しておく方がいいように思うのは私だけでしょうか。

コメント