[VEGAS Pro] 頻発するフリーズを解決する方法!

スポンサーリンク

VEGAS Proは動作が軽いので、そんなにフリーズすることはないんですが、ここのところエフェクトを重ねたりするとフリーズして全く作業が続けられない状況が続いていました。
フリーズすると場合によっては、そこまで行った作業データが消えてしまうのでかなり深刻です。
といういうことで、眠っていたメモリを増設して16GBから32GBにしてみました。
これで、フリーズがなくならないかと期待したのですが、全く症状は変わらず・・・
この時点では、ハード面かソフト面か分かっていませんでした。
とりあえず、設定を変更してみたところ問題解決となったので、その方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

パソコンのスペックなどを確認

使用しているPCのスペック紹介

3年前に自作したPCですが、スペック的には問題ないと思います。
ただ、気になっているのは、グラフィックボードが1050tiなので、ちょっと非力かなという点でしょうか。

OSWindows10 Home(64ビット版)
CPUIntel corei7 9700k
GPUメモリnvidia Geforce GTX 1050ti
メモリDDR4 3600 32GB
HDDm.2 SSD(Nvme) 500GB

Vegas proの動作スペック

対応OSWindowsR 10(64ビット版)
プロセッサー

第6世代Intel Core i5(またはAMDと同等)以上。
2.5 Ghzおよび4コア以上。

[4kの場合]
第7世代Intel Core i7(またはAMDと同等)以上。
3.0 Ghzおよび8コア以上

RAM8 GB以上のRAM
(16 GBを推奨、4Kには32 GBを推奨)
HDDの空き容量プログラムインストール用に1.5 GBのハードディスク空き容量。
4Kメディア用のSSDまたは高速マルチディスクRAID
GPU

NVIDIA GeForce GTXまたはRTX 9XXシリーズ以上、4GB
インテル®GPU HDグラフィックス530シリーズ以上
AMD /ATI®Radeon(4GBおよびVCE 3.0以上)
(HDRおよび32ビットプロジェクト用に8GBのRadeon Proシリーズ)

VEGAS Pro 18の設定を変更

VEGAS Proの設定変更でフリーズを回避出来れば一番なので、以下の変更を試してみて下さい。
フリーズの原因として考えられるのが、CPUやグラフィックボード、メモリ関連だと思われるので、その関連の項目を変更します。
今回、以下の2つを試してみました。

GPUによるビデオ処理の高速化を変更

「GPUによるビデオ処理の高速化」の項目を「オフ」にします。
これで、GPUに任せていた処理をCPUに任せることになります。
この変更で処理をCPUに変更することになるので、CPU使用率が上がります。
これで我が家は解決しました。
ただし、変更により、今度はCPU性能が低いとフリーズすることもあるのかな?

メニューのオプションから「ユーザー設定」を開く

ユーザー設定を開く

ビデオタブの「GPUによるビデオ処理の高速化」をオフにする

最大ダイナミックRAMプレビュの値を変更

この設定は、「0」にすると解決することがあるようです。
我が家の場合、「GPUによるビデオ処理の高速化」の項目を「オフ」でフリーズの原因は解決できましたが、プレビューがカクカクになってしまったため、こちらも設定変更してみました。

メニューのオプションから「ユーザー設定」を開く

ユーザー設定を開く
 
「最大ダイナミックRAMプレビュー」を「0」に

こちらも同じく、ビデオタブを開き「最大ダイナミックRAMプレビュー」の値を「0」にする。

他にやれること

VEGAS Proの設定どうこうの前に、基本的にやっておくべきことを確認しておきましょう。
VEGAS Pro 18を前提にしてご説明していきます。

要求されているスペックを満たしているか

まず、VEGAS Proの動作に必要なスペックを満たしているが確認しましょう。
ここをクリアしてなければ、話しになりません。
CPUやメモリがクリア出来ていなければ、増設や交換などしましょう。
ただ、VEGAS Proの設定変更でどうにかなる可能性もあるので、ここをクリアしていない場合でも、まずは設定変更を試してみるのも手です。一応、この記事でご説明する設定変更をしてもダメな場合は、スペックを見直しましょう。

Windowsアップデートを行う

Windowsは、常に最新にしておきましょう。不具合やらありますので、一概にいいとは言えないところがありますので、とりあえず飛ばしてもOKです。
Windowsアップデートが原因で、VEGAS PROが起動しなくなることもあるようなので。アップデートで起動しなく場合は、元のバージョンに戻しましょう。

グラボのドライバも最新に

ここも重要なので、最新にしておきましょう。
AMDやNvidia のホームページから最新のドライバーをダウンロードして更新しておきましょう。
オンボードの場合は、IntelのHPからドライバーのダウンロードを。

ディスク容量の確保

CドライブやDドライブに必要な容量の空きがない場合は、不要なファイルを削除するなどして空き容量を確保しましょう。

グラボを交換

グラフィックボードが原因だったため、交換することにしてみました。
交換したグラフィックボードは、「NVIDIA GeForce GTX1660 SUPER」です。
これで、ビデオ「GPUによるビデオ処理の高速化」を「オン」にして、作業をしてみたところ、快適に動画編集できるようになりました。

CPUがそれなりの性能があるという前提なら、グラフィックボードを買い替えなくても「GPUによるビデオ処理の高速化」を「オフ」にすれば使用できることが分かりました。

[VEGAS Pro] 頻発するフリーズを解決する方法!のまとめ

今回は、「GPUによるビデオ処理の高速化」を「オフ」にしたことでフリーズしなくなり、フリーズ問題は解決しました。
ただ、プレビューは、CPUの使用率が100%に張り付く時があり、このような状況ではカクカクにはなります。
とりあえず、フリーズしなくなったので、編集中のデータが消えることがなくなったのは助かります。

ということで、原因は、現在使用している「Geforce GTX1050ti」であることが分かりました。
非力なグラボの場合、設定を変更してあげないといけなかったということでした。

コメント