Windows10でWindows Updateの自動更新を停止する方法・再開する方法

スポンサーリンク

現在のWindows Updateは、自動で更新が行われるようになっています。
このため、アップデート後に更新をすぐしてしまうと、不具合が発生する可能性があったり、既に不具合情報が出ていたりすると更新したくない場合もあると思います。
今回は、そんな時のために、自動更新を停止する方法と再開する方法について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

Windows10でWindows Updateの自動更新を停止する方法

設定を起動

「スタート」ボタンをクリックし、設定(歯車マーク)を起動します。

設定画面で「更新とセキュリティ」をクリック

Windowsの設定画面で、更新とセキュリティを起動します。

「詳細オプション」をクリック

「Windows Update」画面にある「詳細オプション」をクリック

停止する日にちを選択

「更新の一時停止」の項目「日付の選択」で、停止する「日付」を選択します。

更新が一時停止される

更新プログラムが一時停止されます。

Windows10は自動更新を完全に停止できない

一覧には、完全に停止するための項目はなく、日付で最大35日間しか停止することが出来ません。
ずっと停止したい場合は、延長を繰り返すことになります。

Windows10でWindows Updateを自動更新を再開する方法

一時停止をした場合は、設定した日以降に自動で再開されます。
すぐに更新をしたい場合は、以下の操作を行って下さい。

「Windows Update」の画面で、「更新の再開」というボタンがあるのでこれをクリックすれば、すぐに更新が再開されます。

Windows10でWindows Updateの自動更新を停止する方法・再開する方法のまとめ

OSは出来る限り最新の状態にしておいた方がいいと思います。
アップデート後すぐに更新を行うとバグとかもあるので、どっちがいいのかは一概に言えませんが、更新はしておくことをおすすめします。

コメント