[iPad] Apple Pencil 第1と第2世代どっちを買うべき?

スポンサーリンク

iPadを購入すると、イヤフォンやその他アイテムが欲しくなるところです。その中でも、一番と言っていいほどに気になるのが、「Apple Pencil」だと思います。
現在、Apple Pencilには、第1世代と第2世代が販売されています。
ここで、問題となるのが、どちらを買えばいいのかということですね。
今回は、スペックなどを比較して、どちらを買った方がいいのかご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

Apple Pencil 第1世代・第2世代を比較

Apple Pencil 第1世代・第2世代の特徴を確認しながら比較していきたいと思います。

対応機種

第2世代対応機種

iPad Pro(12.9インチ)第3~5世代
iPad Pro(11インチ)第1~3世代
iPad Air第4世代

第1世代対応機種

iPad Pro(12.9インチ)第1世代、第2世代
iPad Pro(10.5インチ)
iPad Pro(9.7インチ)
iPad Air第3世代 
iPad第6~8世代
iPad mini第5世代

価格での比較

とても重要な価格ですが、思うほど差がないということでしょうか。
だいたい4千円弱程度の違いなので、これから比較してい項目を確認していくと分かりますが、第2世代が圧倒的にコスパいいと思うのですが、いかがでしょう?

形状について

第1世代

なめらかな質感で、光沢ある仕上げです。
平らな面がなく、机などで転がってしまうので、傾斜がある場所ではかなり気を付けていないといけません。

第2世代

マットな仕上げで、高級感があります。
平らな面があり、転がりにくい形状に変わったので、これだけでもかなり扱いは楽になると思います。

かなり差がある充電方法

ここは、かなり差があるので、購入の際は重要事項になると思います。

第1世代

ペンのヘッド部分に充電端子があります。
端子には、キャップで蓋をするタイプです。キャップを外すとLightning端子が登場します。この端子を使用して充電を行うわけですが、2つの方法があります。

・ペンの端子を、iPadの端子に差し込む
・ペンに充電器の端子を差し込む

第2世代

第1世代は、物理的に充電を行う方法なので、地味に面倒だと思います。
これに対して、第2世代は、端子がなくなり、ワイヤレスでの充電に変更されました。
iPad本体脇に磁石で取り付けることが出来るので、本体に取り付けておけば充電できます。
充電をあまり意識せず行うことが出来るので、第1世代に比べるとかなり楽になったと思います。

サイズの比較

次に、Apple Pencilのサイズを比較したいと思います。
長さが、第2世代で1cmほど短くなりました。
ただ、本体重量は変わっていませんが、短くなった分扱いは少し楽になると思います。

Apple Pencilのサイズ比較

 第1世代 第2世代
直径 8.9mm 8.9mm
長さ175.7mm 166mm
重さ20.7g20.7g

ペアリング方法

第1世代

本体に一度物理的に接続をしてペアリングしないといけないです。
物理的に接続とは、iPadのLightning端子にペンの端子を差し込む必要があるということです。
地味に面倒な作業です。ただ一度ペアリングしてしまえばいいので、そんなに重要視するところでもないでしょう。

第2世代

本体脇にくっつけることにより、ペアリング完了です。
これは、相当便利になったと思います。

便利なダブルタップ

第2世代は、ペンをダブルタップすることにより機能変更をおこなえるので、かなりこれは便利になりました。
指先だけで機能変更できるのはありがたいと思います。

結論! どちらを買うべきか?

どう考えても、第2世代で決まりだと思います。
ただし、出費を少しでも安くしたいという方は、第1世代がおすすめです。
というのも、対応しているiPadが高価という落とし穴が・・・。
ペンだけ考えると第2世代!と思うのですが、セット買いを考えている方は、迷うところだと思います。

[2021年] iPadの比較と選び方 | おすすめのiPadは?
iPadを購入したいと考えた時に、いざ、検討をはじめるとiPadって何種類もあるんだなと驚きます。この時点で、購入を先延ばしにしている人も多いではないでしょうか。私もその一人です。 そこで、色々と迷って何を購入したらよいかまとめましたので...

[iPad] Apple Pencil 第1と第2世代どっちを買うべき?のまとめ

第1世代から第2世代への進化は、かなりの進化と言っていいほど便利機能や形状が進化しています。
ということで、第二世代をおすすめします。
ただし、対応するiPadの価格も考慮して決めていかないといけないので、この点は注意が必要です。

コメント