Windows10 ソフトの自動起動を停止(無効)する方法

スポンサーリンク
PC

ソフトなどをスタートアップに登録して自動起動の設定をしたが、必要なくなったので無効にしたい。でも、どうやって登録したかな?と登録の方法が分からなくなってしまった方。そういうことは、結構ありますよね。登録方法が分からないと停止もできません。
そんなあなたのために、自動起動を一時的に停止する方法と完全に停止(無効)する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

自動起動を一時的に停止する方法。

自動起動を一時的に停止する方法は、以下のとおり2種類あります。
完全にスタートアップから削除したい場合は、次の項目をご覧ください。

● タスクマネージャーで一時停止する。
● Windowsの設定で一時停止する。

タスクマネージャーで無効にする。

タスクバー内で右クリックして、「タスクマネージャー」を起動する。

 

スポンサーリンク

 

「スタートアップ」のタブをクリックし、「無効にする」をクリックして完了です。

※アプリが表示されていない場合は、左下にある「詳細(D)」をクリックしてください。

 

Windows の設定で無効にする

Windows10 の「バージョン1803」から導入されたので、それ以前のバージョンではこの設定は行えません。
スタートから「設定」をクリック。

 

「アプリ」をクリック。

 

左メニューから「スタートアップ」を選択し、無効にしたいアプリ「オフ」にすれば完了。

 

スタートアップから削除して完全に停止する方法

「スタートアップのフォルダー」にショートカットを登録して設定されているので、「スタートアップ」のフォルダから停止(無効)したいソフトのショートカットアイコンを削除することにより停止(無効)することができます。

Windowsキー+Rで、ファイル名を指定して実行を起動。 「shell:startup」と入力して「OK」を押す。

 

スタートアップ(自動起動)を停止したいアプリを削除する。

 

コメント