Windows10 スクリーンショットで画面を保存する2つの方法!

スポンサーリンク
PC

Youtubeやブログなどをやっていると、時々、windowsの画面などをスクリーンショットを使用して画像を保存したいケースがあります。ビジネスシーンでも、マニュアルや資料作成などでスクリーンショットを使用したい場面は結構あると思います。
これまでは、ショートカットキーによるスクリーンショットだけでしたが、windows 10にはスクリーンショットのためのアプリが搭載されており、スクリーンショットもいくつか方法があるのでまとめてみました。

スポンサーリンク

スクリーンショットの2つの方法!

ショートカットキー

「PrintScreen」キーを押すことにより、クリップボードに画面全体のコピーを保存できます。あくまでも、クリップボードに保存されるだけなので、jpgやpngのような画像ファイルとして保存したい場合は、「ペイント」などの画像編集ソフトなどを使用して「保存」する必要があります。

「アクティブなウィンドウのみ」をスクリーショットでクリップボードにコピーされます。
一番手前にあるウィンドウのみをクリップボードにコピーされます。

「四角形クリップ」「フリーフォームクリップ」「ウィンドウの領域切り取り」「全画面表示クリップ」の4種類のモードから1つ選ん選んでキャプチャすることができます。
このショートカットが一番便利かもしれません。
※この機能は PrintScreen キーにも割り当てることができます。

画面全体を「PNG形式」の画像ファイルで直接フォルダに保存されます。
保存されるフォルダは、「ピクチャーフォルダ」内の 「スクリーンショットフォルダ」です。
こちらは、クリップボードを経由しないで保存されるので、手間を省きたい方はこちらが便利です。

アクティブな画面を「PNG形式」の画像ファイルで直接フォルダに保存されます。
保存されるフォルダは、「ビデオフォルダ」内の 「キャプチャフォルダ」に直接保存されます。
こちらは、クリップボードを経由しないで保存されるので、手間を省きたい方はこちらが便利です。

スマホ Android(アンドロイド)でスクリーンショットを撮る4つの方法
お気に入りの画面やメモとして残したい画面など、スクリーンショットを撮りたい瞬間は多々あるかと思います。 こういう記事を書く時にもとても便利です。 パソコンだと当たり前の機能ですが、スマホの場合はあまり知られていないかもしれません。 A...

Windows付属のアプリ他

「切り取り & スケッチ」

「Windows 10 October 2018 Update(バージョン 1809)」から使えるアプリです。
こちらのアプリを起動すると、Windows + Shift + S と同じ機能に加え、線を引くなど画像を加工することができます。
下は、線を描いてみたところです。

Snipping Tool

プログラム一覧内の「Windows アクセサリ」内にあるアプリです。
こちらは、「切り取り&スケッチ」に移行した感じになっているようです。
使用できる機能は、基本一緒ですが、「遅延撮影」という「切り取り&スケッチ」にはない機能があります。

 

無料アプリを使う

Windows標準のアプリ以外に、スクリーンショットなどのフリーソフトを使用するという方法です。
中でも、Screenpresso は高機能で使いやすいソフトでおすすめです。
個人で使用するには、無料なので一度試してみてはいかがでしょうか。

Screenpresso:Windows用の究極のスクリーンキャプチャツール
Grab an image or video of what you see on your computer screen, annotate, and share with anyone.

スクリーンショットの履歴を使用して複数利用!

Windows + V

スクリーンショットの履歴を残すことが可能になるので、複数保存ができます。
また、再起動しても消えないのでとても便利です!

Windows10 スクリーンショットで画面を保存する2つの方法!のまとめ

今まで同様に、ショートカットキーが一番便利だと思いますが、違う方法もいくつかありますので、色々と試して自分に合った方法を見つけるといいと思います。

コメント