Windows10 コントロールパネルを開く7つの方法 – すぐ忘れてしまう!

スポンサーリンク

時々、コントロールパネルで設定変更をしたいことが出た場合、「あれ? コントロールパネルってどこから開くんだっけ?」と思い出せないことが結構あります。
すぐに思いつくのが、「スタート」メニューから「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」で開く方法です。しかし、これはかなり面倒ですよね。

そこで、いくつかある「コントロールパネルの開き方」をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

コントロールパネルを開く方法

「ファイル名を指定して実行」で開く

WindowsR を押して、「ファイル名を指定して実行」を起動
「control」と入力して「OK」をクリック

 

検索バーから開く

検索ボックスに「control」と入力すると、

「コントロールパネル」が表示されるのでクリック

ショートカットキーで開く

バージョンによって、メニューに「コントロールパネル」が表示されません
 WindowsX

 上記操作後、メニューから「コントロールパネル」をクリックして下さい。

上記操作により「システム」画面が開くので、左上の「コントロールパネルホーム」をクリックして下さい。
なお、「Pause」キーがない場合には使用できない方法です。

スタートから開く

バージョン等によって、メニューに「コントロールパネル」が表示されません

スタートの上で右クリックし、「コントロールパネル」をクリック

デスクトップなどにアイコンを表示

コントロールパネルを頻繁に開く場合、デスクトップやタスクバーにアイコンを表示する方法が一番効率的だと思います。
設定すれば1クリックで開くことができるようになります。

デスクトップにアイコン表示
デスクトップ上で右クリックし、メニューから「個人用設定」をクリック

左のメニューから「テーマ」→「デスクトップアイコンの設定」をクリック

「コントロールパネル」にチェックを入れ、適用をクリック

デスクトップに「コントロールパネル」のアイコンが表示されます。

タスクバーにピン留め

「コントロールパネル」を頻繁に使う場合は、タスクバーにピン留めしておくと便利です。
タスクバーへの登録方法をご紹介します。

タスクバーのアイコンの上で右クリック

コントロールパネルを開いた状態でタスクバー上の「コントロールパネル」のアイコンの上で右クリックするとメニューが表示されるので、「タスクバーにピン留めする」をクリックして下さい。

以下のようにピン留めできました!

Windows10 コントロールパネルを開く7つの方法 – すぐ忘れてしまう!のまとめ

コントロールパネルは、色々な方法で開くことができるので、自分に合った方法を1つ確立しておくと便利だと思います。

コメント